スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石山公園にて 序章‐昭和の香りの珈琲店


もう3週間も前のこと。

岡山城から旭川を挟んで対岸の石山公園で露店が並ぶイベントがあった。
その日は月一回の通院日で、朝一番に受診を済ませて行ってみることに。

イベント開始は10時から。
9時に予約していた耳鼻科は患者さんが少なく、9時10分には病院を出ることになってしまった。
病院から会場まではゆっくり歩いても15分程度・・・
特に目当てのお店があるわけでもなかったのであまり早く着いても・・・
と、言うわけで時間つぶしに喫茶店に。

何度か看板を見かけた「おだ珈琲店」
銀行などが入ったビルの地下にコンクリートの無機質な階段を降りて行くと、小さなショーウインドーとクラシックな木製のドア。
突然昭和の空気。
狭い入り口を入ると、落ち着いた音楽とコーヒーの香り。
PA310003.jpg

数人の先客がいらしたが、ほぼ60歳代以上と思しき男性ばかり。
お客さんまでもが落ち着いた雰囲気で風景に溶け込んでいる。
そういう意味では、私は浮いている存在だったかもしれない・・・

モーニングサービスの時間だったが、朝食は済ませていたのでコーヒーのみを注文。
メニューには店主のこだわりの豆が数種類書かれていたが、そんな知識もなく、まずはお試しでブレンドを。
店内には既にコーヒーの香りが漂っているが、運ばれてくると更にいい香り。
12249930_898177600268605_1441093367229018710_n.jpg

ちょっと厚手のカップは手になじむ形。
店内の内装もさることながら、食器にもこだわりを感じられる。
もちろん、コーヒーへのこだわりも。
程よく酸味が効いた香り高いブレンド。
次に来た時には店員さんに聞いて、豆にこだわって注文してみよう・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。