スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御朱印  伊勢奈良旅行記 番外編①


昨年末にぼんやりTVを見ていて、初めて知った「御朱印」

気になってちょっと調べてみると、御朱印帳なるものがあって神社や寺院で押してもらい、日付を入れてもらうとのこと。

そういえば、全国の観光地などで見かける、スタンプを集めてる人もいる。

神社、寺院のスタンプラリーのようなものか・・・

御朱印帳は1冊1,000円くらいから、御朱印1つに(なんと数えてよいやら・・・)300円ほど納めるそうな。
P1230002.jpg

また、お釣りはいただかないように小銭を用意していくのがマナー。


せっかく、めったに行けない伊勢神宮へ行くことでもあり、お参りした記念にもなるので始めた。

神社ではお守りやお札を授かる場所の傍らに、「御朱印所」と書いてある。

最初は御朱印帳を持っていないので、「帳面からお願いします」というと、新しい御朱印帳に押印していただける。

目の前で筆を走らせて書いてもらえるのも醍醐味の一つ。

また、同じ寺社でも書いてくれる方によって違うらしいのも楽しみでもある。


右から、伊勢神宮外宮。 内宮。
P1230003.jpg

他でいただいたものに比べてシンプルだが美しい。

右から、 二見龍宮社。 二見興玉神社。
P1230004.jpg

動きのある書体が見事。


奈良 興福寺。 お堂ごとに、また、御詠歌の御朱印があり、すべていただいた。

右から、修復中で参拝できなかった中金堂。 世界遺産の御朱印。「今興福力」と書かれている。
P1230005.jpg

右から、東金堂。 東金堂の御詠歌。
P1230006.jpg

右から、千手観音。 南円堂。
P1230007.jpg

一言観音。
P1230008.jpg

7種類のうち、世界遺産のものから千手観音までを一人の方に書いていただいた。

南円堂と一言観音も一人の方が書かれたもの。

こうやって改めて見直すと、筆使いの違いが表れていておもしろい。


これからは、御朱印帳をもってお出かけしよう。

地元の神社を巡るのもいいかも。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実は・・・

私も、病んでた時に回りました。と言うても数は全然少ないですが・・・(;・∀・)神社仏閣を巡ると、気持ちが洗われます。

Re: 実は・・・

paruさん、

私は特に神社の境内や参道のしん・・・とした空気が好きですね。

日本に生まれ育ったからなのかもしれませんね(*´ω`*)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。