FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の露天風呂


今日は突然、夫が休日になったのでちょっとお出かけ。

自宅から2時間弱のドライブで湯郷温泉へ。

サッカー好きの方ならご存じだろうか。

なでしこリーグの 『 湯郷ベル 』というチーム名で少しは知名度が上がった気がする、古い温泉だ。

とはいえ、サッカーについては私自身はほとんど知らないので割愛。


北に向かって車を走らせると、灰色の雲が低く流れている。

積雪はないとのことだったが、雪が降るかも・・・と思ったら、半分も進まないうちに降り始めた。
P2130006.jpg

風が強く、吹雪いているかと思うとすぐ止んで、また降り始める。

ただ、そんなに気温が低くないせいか、湿った雪とみぞれ交じりで全く積りはしない。

スタッドレスタイヤは装着しているとはいえ、やはり、積もらない方が走りやすいに決まっている。


順調に現地に着いたのが、お昼前。

先に、入浴しようかとも思ったが、入浴中に空腹になるのもつらいので、まずは腹ごしらえ。

目的の日帰り入浴施設には飲食店が入っていないため、駐車場に車を置いて徒歩で近所へ。

飲食店もさほど多くはないが、こじんまりしたお店を発見。

『 五十里 』 というお店。個室風の座敷。

店の入り口には梅が咲きかけていた。
P2130009.jpg

平日のお昼前なので、最初は貸し切り状態。

ゆっくりと食事できた。

夫が注文した、 「 ホルモンうどん定食 」
P2130011.jpg

ホルモンうどんは津山市が有名だが、この辺りでもよく見かける。

麺がモチモチでとてもおいしかったとのこと。

私が注文した 「 五十里定食 」
P2130010.jpg

メインはブリかまの塩焼きで、しっかり焼いてあって皮ごと食べられた。

その割に、身はしっとりとしていて絶妙な焼き加減。

新鮮なお刺身も付いていて860円はお得。


満腹、満足でいよいよ温泉へ。
P2130007.jpg

ほんのり塩味と、ほんのり硫黄の香りのお湯はよく温まる。

室内の湯船には数人の先客がいたが、寒いせいか露天風呂には人の気配がない。

ちらちらと顔にかかる冷たい雪も楽しみながら、ほぼ貸し切りでゆっくりと温まることができた。

もう少しゆっくりしたかったが、温まり過ぎてのぼせそうになったので退散。


帰るころには雪もほとんど止んでいて、薄日が差していた。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。