FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインはチョコじゃなくて


バレンタインデー。

普段から、1日ひとかけらのビターチョコを食べている私だけど、夫はそれほどチョコレートが好きじゃない。

むしろ、粒あんが大好物。 先日出掛けた際に、デパ地下であん団子を買って早めに食べてもらった。

例年、そんな感じで特にチョコレートを買ったり、作ったりすることはなかった。


が、今年は私の気まぐれと、家にある材料で作れそうだったのでケーキを焼いてみた。

生地はホットケーキミックスにすりおろした金時人参、八朔の搾り汁、砂糖と卵を混ぜただけのシンプルなもの。

金時人参は自宅の畑で栽培したもの。 甘みが強くて色もきれい。

八朔は、ご近所のお宅で採れたものをたくさんいただいている。

以前、電気炊飯器でケーキを焼いたことがあるが、今、うちでは炊飯鍋でガスコンロの炊飯機能で炊いている。

そういえば、炊飯機能でケーキができるってレシピがあったっけ…

というわけで、手抜きケーキ作りが始まった。

炊飯鍋にクッキングシートを敷いてバター代わりのマーガリンを塗り、生地を流し込んだ。

と・・・失敗。 飾り用にスライスしておいた八朔を底に敷くのを忘れた( ̄▽ ̄;)

仕方がないので上に並べてふたをし、炊飯モードのスイッチオン。

ここまではまずまず順調。

しばらくして、ご飯が炊ける時間よりも早く自動でスイッチが切れた。 そういえば、あまり香りもしない。

蓋を開けてみると、生っぽい・・・爪楊枝でつついてみるとやはり半生。

ダメもとでもう一度、炊飯スイッチオン。

今度はいい香りがしたが、イマイチ火の通りが浅い気がする。

そこで、一度切り分けて、表面の八朔に砂糖をうっすらと振って、グリルで焼いて、出来上がった。


P2140001.jpg

P2140002.jpg


生地はしっとりもっちり、蒸しパンのような食感。

酸味の効いた生地はほんのりと人参の甘さ。

表面の八朔に砂糖をかけて焼いたことで、カリッとほろ苦くいいアクセントになった。

夫も喜んで食べてくれて一安心。

が、ガスコンロの炊飯機能でケーキを作るのはやめようww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。