スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閲覧注意  わが家の居候


後半にカエルの画像があります。嫌いな方は見ないでください。

わが家の庭には池がある。

ずいぶん昔、夫と夫の父が二人で作ったらしい。

元々あった井戸からポンプで水をくみ上げ、池に注ぎ、ある一定の深さになると排水口からあふれる。

そのあと夫が何度も手を加えて、タイマーで自動的に一日に何度か新鮮な水が入るため、常に新鮮な水。

昔は鯉を飼っていたが、20年ほど前からは、金魚すくいの金魚と、ここ最近は近所の川で掬ってきたメダカがいる。

魚を入れておくことで、ボウフラなどの害虫が発生することも防いでいる。


この池に、今、カエルが住み着いている。

昔から、初夏になるとやってきて、池の周りの虫、キリギリスやコオロギを食べ尽しては、秋までにいつの間にかどこかへ去っていった。

自宅は田舎で、夏から秋にかけては家の周囲でやかましいほど虫が鳴くものだ。

が、カエルが住んでいると池の周りだけ、異様に静かだったりする。


この、カエル。最初に見たのは去年の4月の終わりだった。

この辺には多く見かけるヌマガエルらしい。

まだ、池には入らず外の側溝に潜んでいて、通りかかると水音をさせて逃げていた。

まだ体長は3cmほど。

2014年5月13日、池に住み始めて1週間くらいのころ。
P5130030.jpg

その後、池の周囲の虫をモリモリ食べて、見る見るうちに大きくなった。

あまりの旺盛な食欲と成長ぶりを夫と見守り、笑っていたが、

「そのうち、またどこかへ行ってしまうだろう。」 「そのうち、冬眠するだろう。」と、さみしい気持ちになった。

ところが、秋がきて、山が紅葉しても、初霜が降りても、一向に冬眠する気配がない。

今度は、 「凍えてしまうんじゃないか」 と、心配になった。

そんな私たちの心配をよそに、寒い間はずっと水に潜っている。

たまに温かい昼間に水面に顔を出して、ほっとさせられた。

2014年12月29日。体長約12㎝。
PC290001-1.jpg

2015年2月19日。
P2190003.jpg

ペットなわけじゃないけど、かわいい居候。

猫やカラスに捕られないで、今年も虫食べちゃってね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。